買い物の学校

よい買い物をして、世の中に良い循環を!

フリースと健康と

time 2018/09/10

フリースと健康と

フリース、化学繊維でできてます。

で、その化学繊維を洗濯機で回すと…。

marineplastic.net/source/microplasticfiberより引用させていただきます。

UKとオーストラリアの研究チームは,ポリエステル製の毛布,フリース,シャツを洗濯したところ,フリースがもっともマイクロプラスチックファイバーを放出し,1回の洗濯で1点の衣服から最大1900本以上のファイバーが放出された報告しています。

 

さらにイギリスの研究チームは, アクリル,ポリエステル,綿−ポリエステル混合の3種類の化学繊維の服を家庭用の洗濯機で洗い(通常想定される6kgを洗濯),どのくらい繊維が放出されるかを調べました。

その結果,アクリルがもっともファイバーを放出し,1回の洗濯で73万本の化学繊維を放出していました。

これは綿−ポリエステル混合の約5倍,ポリエステルの約1.5倍に相当します。

 

アウトドアメーカーのパタゴニアの支援を受けて行われた研究では,フリースのジャケットを1回洗うと最大2.0グラムのマイクロプラスチックファイバーがでてくることがわかりました。

さらに24時間連続して洗濯機を回し,洗いこんだフリースのジャケットの方が新品よりも25%も多くファイバーを放出しました。

 

家庭の洗濯機で発生したマイクロプラスチックファイバーは,下水を流れ,下水処理施設にたどりつきます。

しかしマイクロプラスチックファイバーは極めて小さいため,かなりの割合が下水処理施設をすり抜けてしまい,最終的に川や海に流れこんでしまうのです。

 

 

アウトドアメーカーのパタゴニアなどもホームページでこの問題をどうにかしよう、と声を上げています。

盲点でした。

最近の新聞記事。

健康への影響ちいさい、そんなわけないでしょと個人的に思ってます。

マイクロプラスチックの原因は僕たちがポイ捨てしたプラスチックが主なものだと思ってましたが、まさか服から出ているとは…。

これ、ずっと前から声に出して訴えかけている人がいるのに僕は全然知りませんでした。

次へ:試される

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ポジティブ思考

健康習慣

買い物の注意点