買い物の学校

よい買い物をして、世の中に良い循環を!

ストレスとがんと感情抑制と

time 2018/10/01

ストレスとがんと感情抑制と

医学誌での研究報告です。

420人の被験者にストレスの度合いなど、様々な身体の状態を調べておきました。

420人の2つのグループに分けました。

1つのグループには塩水の点鼻薬スプレーを。

もう一つのグループには風邪ウィルスの入ったスプレーを渡しました。

 

 

結果は驚くべきもので、風邪を引いたのは、どちらのスプレーを使ったかにかかわらず、もともとストレス過多だと自覚していた人でした。

あまりストレスを感じていなかった人は風邪ウィルスに感染しなかったのです。

この研究が口火となり、ストレスは風邪だけでなく、心臓病、自己免疫疾患、がんなどさらに深刻な症状とも関連していると示す研究が続々と発表されました。

 

ストレスを抱えたままにしていると、がんと戦ってくれる免疫細胞を弱体化させてしまいます。

逆にストレスを解き放つと、免疫システムは強化されます。

次へ:余命0日からの生還

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ポジティブ思考