買い物の学校

よい買い物をして、世の中に良い循環を!

危険な見え方

time 2019/05/16

危険な見え方

LINE@はじめました♪

Facebookの投稿が届きづらくなってきていますので、LINEからも配信させていただきます。

 

個人Facebookもお気軽に友達申請してください!

https://www.facebook.com/sakamoto.ichiro1

 

 

こんにちは!

イチローです。

 

 

数年前、奈良の迷惑おばさんと報道されたこの方、覚えてますか?

僕はあのニュースを鮮明に覚えています。

近所にそういう人がいたので。

僕はあのおばさんのことをメディアで見る度に『悪』だと認識していました。

そう見せてますよね、メディアって。

なぜあのおばさんがあの行動に出たのか一切報道しません。

 

 

たまたま先日あの事件の真相をなにかのブログで見たんです。

ソースがブログなので本当かどうか分からないですが、撮影した隣人が宗教の勧誘をおばさんにしてきて断ったら嫌がらせを受けるようになったとのこと。

その嫌がらせから身を守るためにやったらしいとその記事には書いてました。

 

 

本当かどうかはわかりません。

が、僕のメディアの見方は完全に偏っていたなと反省しました。

あのおばさんのあのシーンの切り取りでしかおばさんを評価してませんでした。

切り取られた真実ってたしかに本当のことを写してるんですがほんの一部の本当のことなんですね。

僕も会ったことない人に情報発信しているので同じように切り取られた(というか自分で切り取った)一部分を見て攻撃してくる人もいます。

だからこそ気付けました。

 

 

先日動物愛護センターに行った記事を書きました。

愛護センター=殺処分する施設というのも切り取られた真実なんです。

たしかにしてます。

でも、理由があって。

兵庫県や大阪府はキャパオーバーすることも今はなくなり、殺処分する子は瀕死の状態の子やどうしても栄養が吸収できず成長できない子を安楽死させていて、それが殺処分にカウントされます。

 

 

確かに昔は収容される数が多すぎてキャパオーバーで殺処分しなくちゃいけない状況でした。

けど、時代は変わってます。

自治体にもよりますが愛護センターもがんばってます。

愛護センターが殺処分しなくてよくなるにはこのマイナスなイメージを払拭して、誰もが行きやすい場所になっていくことが大切です。

どんなことでも百聞は一見にしかず。

自分の目で確かめに行きましょう。

ということで、僕は今月来月で大阪府と京都府の愛護センターに行ってきます。

愛護センターが殺処分せずに飼育して譲渡してくれたらボランティアさんの負担も減ります。

みんなで動物を殺処分しなくていい時代をつくっていきましょう。

 

 

見て応援、みんなの猫写真館へ

https://hogonekko.com/photo

 

 

読者の皆様へ

買い物で世界を変えよう!!

フェアトレード商品、社会の循環を良くする商品、多数取り揃えています!

ぜひ購入という行動で応援してください!

https://kenkoshukan.stores.jp/

 

食べて応援、福井県産コシヒカリ!

こんなすごいお米なんです!

 

モリンガのすごさ、ぜひ知って下さい。

画像をクリックすると記事に飛びます。

 

無添加ペットフードを買いながら、支援ができます。

詳しくは↓をクリックしてください。

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ポジティブ思考