買い物の学校

よい買い物をして、世の中に良い循環を!

100円で世界を変えよう! こうのとりのゆりかごさん

time 2019/06/23

100円で世界を変えよう! こうのとりのゆりかごさん

はじめまして。わたしは、宝塚市内の認可保育園で働いている前田と申します。

また宝塚市高松町で、月に一度、子ども食堂を開催しています。

 

 

今回、この場をお借りしてご紹介させていただきたいのは、医療法人聖粒会 慈恵病院がおこなっている「こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)」です。

こうのとりのゆりかごは、事情があって子どもを育てられない親(認知拒否、未成年者、強姦など…)が、匿名で赤ん坊を預けられる場所です。

この「こうのとりのゆりかご」を始めることになったきっかけは、熊本で3人の新生児が続けて捨てられ、そのうち2人が、残念ながら、亡くなってしまっていたということです…。

そういった事件のあと「何よりも命が大事、まずは命を助ける」という想いから、2007年より「こうのとりのゆりかご」をスタートされました。

 

 

始めるにあたって、社会からは「預けられた子どもは、親を知ることができない」「公的な経済負担が大きい」「育児放棄を助長する」などの、意見が寄せられました。

「道端に捨てると、警察が捜査して、親がわかると親の元に届けられるのだから、そうした方がいいのでは」という声でした。

しかし新生児の場合は、適切なケアをしないと命の危険にさらされることはもちろん、親元に返ってきたところで、一度育児放棄してしまった子どもが、今後適切な親子関係を築き、すくすくと成長していけるのかということが、心配されています。

こうのとりのゆりかごでは、保護した赤ちゃんを、児童相談所から特別養子縁組へとつなげられるよう、勧めていて「子どもを育てたいと思う大人」と「事情があって育ててもらうことが出来なかった赤ちゃん」をつなげられるように尽力しています。

 

 

こうのとりのゆりかごを立ち上げられた蓮田太二理事長は、「命、生きとし生けるものに対し慈しみ、畏敬の念を持つ」という話をされています。

「捨てて赤ちゃんの命が危険になるぐらいなら、まずは、何よりも命を守ることを優先して、こうのとりのゆりかごに預けてほしい」と話をされていました。

賛否両論のあるお話かと思いますが、私は何よりもまずは、【命を守る】というこの「こうのとりのゆりかご」に大変感銘を受けて、今回ご紹介させていただきました。

さまざまな赤ちゃんを保護するための器具などの公的財源はなく、運営されているそうです。

皆さんからご支援いただいた、お金を届けさせていただけたらと思いますので、よろしくお願いします。

 

【こうのとりのゆりかごホームページ】

http://jikei-hp.or.jp/cradle-of-the-stork1/

【こうのとりのゆりかごの簡単な説明ブログ】

https://mamari.jp/6498

 

 

【100円で世界を変えよう】

参加方法は

こちらのネットショップから100円定期(VISA、マスターのみ対応です。)を購入し、

https://change100.stores.jp/

 

こちらのグループに参加申請してください。

https://www.facebook.com/groups/362397134558119/

 

 

1ヶ月に4つの寄付先をみんなで投票して、その投票率で分配します。

活動を知って応援することがその人の勇気にもなります。

一緒に優しい世界を作っていきましょう(^^)

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ポジティブ思考