買い物の学校

よい買い物をして、世の中に良い循環を!

100円で世界を変えよう! 森のようちえん もりねっこさん

time 2019/06/24

100円で世界を変えよう! 森のようちえん もりねっこさん

こんにちは!大阪府吹田市在住の嶋田恵美と申します。

「食」を通して世の中のお母さんたち、子どもたちが幸せに、キラキラ輝くことをお手伝いしたいと願う、6歳、4歳の息子の母です。

 

 

今回みなさんにご紹介したいのは、「森のようちえん もりねっこ」代表の山口真由さんです。

「森のようちえん」とは園舎を持たず基本的に野外で過ごし自然と共に子どもの成長を育む、という乳幼児対象の野外保育活動の総称です。

ヨーロッパで始まったとされ、日本ではまだまだ耳慣れない方も多いかと思いますが、最近国内でも徐々に増えつつあります。

 

 

長野県のように子どもの自己肯定感が育まれる過程に「乳幼児期の自然体験と生活体験が大きく影響する」ことを県として研究し、その成果を認め、自然保育に対して積極的な園(森のようちえん以外の園も含む)に対して助成する取り組みを始める自治体も出てきています。

(長野県が推進する「信州型自然保育普及事業」についてのポータルサイトhttp://www.shizenhoiku.jp

もりねっこの子どもたちは日々、自然のなかで伸び伸びと過ごし、葉っぱ、木々、草花、落ちている枝などを目一杯使って、自らの五感をフル活用しファンタジーの世界を生きています。

 

そんなもりねっこで真由さんが大切にしていること。

それは「親子での参加・親子の育ち」

お母さん自身も自然の中に身を置き、「母」や「妻」である前に一人の人、女性としての自分に向き合うことを大切にしてほしいという強い想いがあります。

なぜなら、母と子は深い部分で繋がっていて「母が輝けば自ずと子が変わる」からです。

このことを4年間の活動を通じて目の当たりにしてきたと言います。

真由さんが意識しているのは、ズバリ!!

「地球貢献活動」

「母が輝く=家族が輝く」をモットーに、自然、緑の叡智をいただきつつ、本当の自分を思い出す大人たちとそのまんまの輝きをもって成長する子どもたちを応援したい。その想いで毎日奮闘しています。

 

 

また、「暮らしの成り立ちを大切に、丁寧に暮らすこと」も真由さんが活動の軸に据えていることの一つといいます。

「生きる」と「暮らす」は切っても切れないもの。便利になった世の中だからこそ、先人の暮らしの知恵を、体験を通して伝えていくことも大事にしています。

火を使うクラスや毎年の味噌作りなどがその代表的なものです。

 

 

自身は3人の息子さんのお母さんである真由さん。

パワフルでエネルギーに溢れていて、なおかつ深い愛で子どもたちだけでなくお母さんたちも包んでくれるような人。

残念ながら園舎を持たない森のようちえんは今年10月から実施される幼児教育・保育無償化の対象にはなりません。

運営には様々な困難も伴いますが、子どもたちとお母さんの魂の輝きを通じて地球に貢献したい!と信念を持って活動する真由さんにぜひ一票をお願いします。

 

森のようちえん もりねっこ

ブログ

https://ameblo.jp/kurashinari/

 

Facebook

https://www.facebook.com/morinekkonokurashi/

 

 

【100円で世界を変えよう】

参加方法は

こちらのネットショップから100円定期(VISA、マスターのみ対応です。)を購入し、

https://change100.stores.jp/

 

こちらのグループに参加申請してください。

https://www.facebook.com/groups/362397134558119/

 

 

1ヶ月に4つの寄付先をみんなで投票して、その投票率で分配します。

活動を知って応援することがその人の勇気にもなります。

一緒に優しい世界を作っていきましょう(^^)

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ポジティブ思考