買い物の学校

よい買い物をして、世の中に良い循環を!

殴り合いしそうになった話(笑)

time 2019/07/02

殴り合いしそうになった話(笑)

LINE@はじめました♪

Facebookの投稿が届きづらくなってきていますので、LINEからも配信させていただきます。

 

個人Facebookもお気軽に友達申請してください!

https://www.facebook.com/sakamoto.ichiro1

 

 

こんにちは!

イチローです。

 

 

ベルリン3日目のことであった。

2日目にティアハイムもプラスチックフリーの店も行ったので、もう行きたいところは行けた。

あえて行きたいところをいうとペットショップ。

しかし、検索しても日本のようなペットショップは出てこない。

 

 

ひさ「ちゃんと調べてるんすか(キレ気味)」

イチ「調べてるけど犬猫販売している店ホンマに出てこんわ!!(イライラ)」

ひさ「英語でも調べてるんすか!」

イチ「俺に英語ができるわけないわ!!」

 

 

その時、ベルリン1日目にお会いした畠山さんが送ってくれたメッセージを思い出し、、、

イチ「ここやったら小動物は販売しているみたいやで!」

ひさ「犬猫いなくてもいいんすか!!??」

さすがサラリーマン時代にスピード出世した男、人に厳しい。

しかし、このあと手のひらクルーすることになる。

かわいいやつめ。

 

 

とりあえず行ってみることに。

本当にハムスターとうさぎと魚しかいない。

イチ「ちょっと店員さんにドイツで犬猫販売しているところないか聞いてみてくれ」

ひさ「エクスキューズミー」

ペラペラペラペラ。

喋り終わってえらい顔を輝かして一言。

「犬猫を販売している店はないんですって!!」

ほらな、探してもないんじゃ!!と心の声を抑えて「すっっげーーーー!!」と感心する僕。

 

 

過去にはあったのかもしれません。

以前に書きましたが、販売の規制があり、猫だと6平方メートルのケージに入れることが義務付けられています。

大体2m×3mの広さ。

背丈が50センチまでは6平方メートル、65センチ以上は10平方メートルという規制があります。

10平方メートルは大体6畳の部屋です。

広すぎて商売にならないのと、犬猫を販売するとデモが起こったこともあるそうです。

 

 

僕はドイツに行くまで、この販売の規制を動物愛護法に加える動きをしたらいいんじゃないかと思ってましたが、それはものすごく表面の話。

根っこに「考え方」が伴ってなければただの規制なんです。

ドイツにあって日本にないものは「人間と同等の動物の権利」。

オランダでは動物の権利を守る政党まであるほどです。

教育も大事、法律も大事。

教育や思想が土台にあるからそれに基づいた法律があるのではと感じました。

 

 

軍国主義の時は軍国主義の教育。

資本主義の時は資本主義の教育。

どちらも社会的弱者が苦しんでます。

そろそろ次の時代に移る節目に迫ってます。

「優しさ」で成り立つ時代であってほしいと願ってます。

動物が幸せに生きられるというのはキーワードの一つではないでしょうか。

 

 

1週間ずっといるといろんなところが見えてくるもんですが、今回旅に同行してくれたひさくんはそんな新時代を切り開く若者です。

彼は環境問題にものすごく興味があるのですが、僕も彼も行き着くところは結局「お金儲けが行き過ぎて優先順位がおかしくなっている」というところ。

良い情報を発信してるのでフォローしてみてください(^^)

https://www.facebook.com/profile.php?id=100004816547692

 

 

見て応援、みんなの猫写真館へ

https://hogonekko.com/photo

 

 

読者の皆様へ

買い物で世界を変えよう!!

フェアトレード商品、社会の循環を良くする商品、多数取り揃えています!

ぜひ購入という行動で応援してください!

https://kenkoshukan.stores.jp/

 

食べて応援、福井県産コシヒカリ!

こんなすごいお米なんです!

 

モリンガのすごさ、ぜひ知って下さい。

画像をクリックすると記事に飛びます。

 

無添加ペットフードを買いながら、支援ができます。

詳しくは↓をクリックしてください。

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ポジティブ思考