買い物の学校

よい買い物をして、世の中に良い循環を!

鍋、フライパンの恐怖

time 2017/02/25

鍋、フライパンの恐怖

『テフロン加工』、大人気ですよね。

焦げないし便利~なんて声が聞こえてきそうです。

こいつがやっかい。

空炊き、もしくは数百度以上の高温で調理をすると有害なガスが発生するということが明らかになりました。

まあ、こんな温度で調理することはほぼないと思いますが。

ちなみにテフロンはフッ素樹脂です。

もし使うとしても調理中は必ず換気してください。

あと、テフロン加工を使ったことがある人は分かると思いますが、テフロン加工は剥げます。

もしかしたら剥げたものが口の中に入ったり…。

 

 

さらに、調理した食品を通じて体内にも忍び込んでくる恐れがあります。

長年蓄積されたこの有害物質は発ガン性・肝障害があると言われています。

 

 

こいつよりも危険性を言われているのがアルミニウム製の鍋

だいたいどこの家庭にもあります。

 

水を沸かすと悪性酸化水素が発生

卵をゆでると悪性リン酸塩を生成

肉料理で悪性アルミ塩化物が発生

などの結果報告のレポートによりドイツやフランス、スイス、イギリス海外では販売禁止している国もあります。

アメリカではアルミニウムの調理器具が人体に危険性があると公式に発表しています。

 

 

アルミニウムが溶け、体内に入るとアルツハイマーの原因になると言われています。

中枢神経障害や骨軟化症、腎臓や握力に障害が起こることが動物実験で確認されています。

 

一般の飲食店でもよく使われています。

コストが安いし火を通しやすいから調理が早いんです。

しかしかなり溶けやすいんです。

さらにこすってもアルミニウムがはがれます。

さっきのテフロンと違って目に見えます。

この実験、なかなか面白いです。

 

普通に水を入れてたわしで擦って、その水をコップに移し替えてよく見てみてください。

グレーになっていますから。

恐ろしいんです、アルミニウム製の鍋って。

次へ:鍋の選び方

コメント

  • ステンレスなら、無水無水鍋使用してます。
    アルミ鍋の怖さを知って、
    選んで購入しました。
    とっても気に入っています!
    いつもありがとうございます

    by まるこ €2017年11月14日 9:16 PM

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ポジティブ思考