買い物の学校

よい買い物をして、世の中に良い循環を!

抗生物質と風邪

time 2017/07/09

抗生物質と風邪

Yahoo!のトップニュースでも風邪の時の抗生物質は良くないという記事があがっていました。

ちょっとずつ浸透してきていますね。

なぜでしょうか??

 

 

風邪の95%はウィルスから感染したもの。

細菌とウィルスは似ているようで違います。

抗生物質を飲んでもウィルスは排除できないんです。

 

では、なぜ風邪の時に抗生物質を処方するか。

風邪によって免疫力が低下している時に、新たに細菌によって違う病気に感染したら困るからという予防のためです。

残念なことに、これによって腸内細菌や免疫細胞の働きを阻害するため、免疫力がさらに低下するという皮肉なデータがあります。

 

 

体温が上がっている時に解熱剤も、免疫力が低下する原因になります。

熱が上がっているのは体が菌、ウィルスと闘っているわけで、免疫が活発に働いているんですね。

それを抑えようとすると、ウィルスが暴れちゃいます。

まだまだ間違った風邪の対処法をしている家庭、多いです。

子どもにどれだけ薬を飲ますのかというくらい、飲ませていますがお医者さんからもらった薬は全部飲まないといけないなんて思わないほうがいいです。

次へ:抗生物質が生み出す菌

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ポジティブ思考