買い物の学校

よい買い物をして、世の中に良い循環を!

薬神話が崩壊する時

time 2017/09/03

薬神話が崩壊する時

薬は素晴らしいものです。

いきなり手のひらひっくり返します。

 

 

なぜ薬が素晴らしいと思うか。

事実として多くの人の命を救ったんですね。

昔は不治の病と言われていた結核。

菌の感染で発症してしまいますね。

その菌を殺すのが薬です。

結果的に多くの人が救われました。

 

おそらくここからです、薬信仰が始まったのは。

薬が病気を治してくれると言わんばかりにこの年代の人は薬くれ、薬くれと言うんですね。

結核は薬が有効です。

なぜなら原因は菌だからです。

 

でも、脳の病気やガンって原因は菌ですか?

多くは化学物質が原因ですよね。

結核の薬とは意味合いが変わってきます。

今多くの人がかかってる病気、食原病って言います。

食べてるものが病気を作り出してます。

さらに化学物質の薬で治そうとする。

一体人生でどれだけ不自然なものを体に入れることになるのでしょうか。

次へ:健康の答えは2500年前に

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ポジティブ思考