買い物の学校

よい買い物をして、世の中に良い循環を!

説明書に書かれていたもの

time 2017/09/12

説明書に書かれていたもの

※先に書いておきますが、僕の今回のパターンがたまたまそこの方針であり、すべてがこのパターンに当てはまると思ってません。

 

耳鼻科へ。

僕「もう治りかけなんですが、喉の違和感と鼻水がなかなかしつこいんですよね〜」

先生「じゃあアーンしてみようか。

えーと言い続けてね。

うん、喉に炎症があるよ。

次鼻見ます。

鼻の方が炎症がひどいなー。」

プシュー、プシュー。

吸引。

「じゃあ後ろの機械吸って今日は終わり。」

ネブライザー吸引。

 

 

その後処方箋を持って薬局へ。

店員さん「今日はどうされましたか?」

僕「ええ、ちょっと風邪ひいて。」

店員さん「お薬手帳お持ちですか?」

僕「いえ、忘れました。」

店員さん「少々お待ちくださいねー。

これ、書いてある通り、一日3回飲んでください。

今日の昼ごはん食べた後から開始してくださいね。」

で、1200円払って終了。

 

 

もらった薬は三種類。

先日記事に書いたの種類そのままですね。

紙に書いてある注意書きは?

 

ロキソプロフェン

痛みや炎症を抑える薬

熱を下げる薬

※組み合わせに注意が必要な薬があります。他の医療機関で診察を受けたり、薬局で薬を購入する際には、この文書を見せてください。

※発疹、かゆみなどの過敏症状が現れた時は、お薬の中止を要する場合もありますので、医師または薬剤師にご相談ください。

 

 

ほかの種類もこんな感じのことが書かれてます。

僕が知りたかった情報、書かれてません。

何か分かりますか?

次へ:知るべき情報

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ポジティブ思考