買い物の学校

よい買い物をして、世の中に良い循環を!

甘いものと薬漬けの日本人

time 2017/11/07

甘いものと薬漬けの日本人

「食べたら元気になる」

この考え方が浸透しすぎて、食べることは良いことだと思い過ぎている人、多いです。

食べるものはなんでも良いという考え方の人も多いです。

 

 

「食べて栄養を摂ることが大事」

と言いながら、カップラーメンを食べる人。

それ、栄養全然ありませんから!と言いたくなります。

食の常識って本当に常識なのって思うこと、たくさんあります。

 

 

「病人に食べさせると、病気を養う事になる。一方、食事を与えなければ、病気は早く治る」

「月に一度断食をすれば病気にならない」

医学の父、ヒポクラテスの名言です。

紀元前から、食べ過ぎはよくないって分かっていたのに、今の日本人は3食食べると健康、と信じ込まされてその結果、太りすぎの人が増えています。

まず第一にやめるべきは食べ過ぎ。

どんどん省いていきましょう。

 

 

街中を歩けば甘いお菓子のお店が大量にあります。

シュークリーム、たい焼き、和菓子、クレープ…。

この間心斎橋を歩いたらこれでもか、というくらいのスイーツの店に大行列。

この結果、起こっていることは…

次へ:6人に1人

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ポジティブ思考