買い物の学校

よい買い物をして、世の中に良い循環を!

ヒートテック系素材の注意点

time 2018/01/01

ヒートテック系素材の注意点

いつも風邪引をく時っていつ気付きますか?

僕は起きた瞬間に、「あ、やっちまったな」って気付きます。

去年は富士山に登って8合目で仮眠して起きた瞬間に喉が痛くてこれは前兆だなと思ったこともありました。

このように寝ている間に風邪をひいてしまって、朝に気付くこと、多いと思います。

 

 

たまに布団の中が暑くて汗びっしょりになって起きることありませんか?

僕自身、そういう時に起きたけど、面倒だからとそのまま寝てしまうと翌朝熱っぽかったりという経験はよくあります。

めんどくさいけど、タオルで汗拭いて、シャツを代えて、とした時は風邪引いた経験はありません。

汗が体温を奪ってしまっているから体が冷えて風邪を引きやすくなります。

 

 

ヒートテックの話に戻ります。

「体から蒸発する水蒸気を繊維自体が吸収し、熱エネルギーに変換。素材自体が暖かくなります。」という文系の僕にはさっぱりな文章。

でも実際に温かいのですごいです。

けど、着てて分かるのが乾きにくくて、暑くなると汗をかきやすくなり、汗冷えを起こし、体温の低下にもつながりかねないということ。

次へ:寝る時は

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ポジティブ思考