買い物の学校

よい買い物をして、世の中に良い循環を!

醤油じゃない醤油

time 2017/04/13

醤油じゃない醤油

ラベル、しつこく言います、見てみましょう。

 

 

醤油の原料って何か知ってますか?

大豆、小麦、塩に水です。

余計なものはいりません。

 

 

2年ほどかけてじっくり天然発酵させ、熟成させます。

市販の醤油のラベル、見てみましょう。

たまになにこれ、安いじゃん、ラッキーとこれを買っちゃう人います。

『醤油風調味料』

しょうゆに塩酸を加え、高圧環境でかきまぜ加水分解処理。

そして塩分を足し、カラメル色素で色付け。

甘味を足して色々添加物を加えれば完成。

 

4ヶ月ほどでできあがり、スピードも手間も省けます。

これが醤油風調味料。

 

 

そしてもう1つ安い醤油。

 

こちらは表記は醤油です。

 

原材料、多いもの順から並べます。

脱脂加工大豆。

 

うん、大豆じゃん。

と思った方。

脱脂加工っていうよくわからない言葉、調べてみましょう。

 

これ、油を絞った残りカスです。

サラダ油を採る時、大豆たんぱく、レシチンといった栄養素が取り出されて最後に残った本来捨てられるものがこの脱脂加工大豆です。

 

ほとんど栄養はありません。

 

 

キッコーマンの醤油を見てみましょう。

上のものは脱脂加工大豆

下のものは大豆

添加物はアルコールのみ。

そこは優秀ですね。いや、優秀というか昔の製法からすると普通ですね。

 

 

どっちが安いか、明確ですね。

安さだけで選ぶと本物を買う人が少なくなります。

醤油風調味料の味を醤油だと思ってしまうと舌が狂います。

添加物の味に慣れすぎてるんですよね。

 

 

添加物の味に慣れてしまった代表的なものが出汁。

僕も慣れてしまってますね。

これの作り方、見てみましょう。

次へ:ニセモノの出汁

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ポジティブ思考