買い物の学校

よい買い物をして、世の中に良い循環を!

肉の正体

time 2018/06/10

肉の正体

当たり前のように食卓に並ぶようになった肉。

『江戸時代には建前としては獣肉食の禁忌が守られた。特に上流階級はこの禁忌を守った。』

とウィキペディアに書かれてましたが、肉を食べなくとも、武士はあの重たい日本刀を振り回すムキムキの筋肉が。

 

 

肉には人間に必要な必須アミノ酸が含まれている、などいろいろな情報があります。

僕はこの情報、半分嘘だと思うようになりました。

本物の情報って本当に見つけにくいです。

とにかく誰かが儲かるために嘘の情報が溢れています。

 

 

この間大阪歩いてたら、飲食店は肉料理の店がめちゃくちゃ多くてどこも流行ってます。

いきなり○テーキとかどんどん展開してますね。

それだけ儲かるんです、この業界。

そして儲かるということは闇の深い世界なんです。

 

 

儲かる=何かが犠牲になっている、ということを知ってください。

ペット業界もチョコレートもコーヒーもファストファッションも。

僕らの目に届かない何かが犠牲になっています。

肉は?

食肉豚、9割は一生のほとんどを体の向きも変えられないくらい狭い居場所で育てられています。

繁殖用の豚は妊娠クレートというものに入れられ、繁殖と授乳をひたすら繰り返し、産めなくなったら食肉へ。

地獄ですね…

 

 

牛の角や豚の尻尾は無麻酔で切られる。

想像できますか?

爪を剥がされれるような痛みです。

鶏はくちばしの先を切られ、生まれた時から羽が生えてこないようにアレルギー体質に品種改良されているのが現実です。

次へ:何を変える?

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ポジティブ思考

買い物の注意点